1.50以上の業種から得た豊富な知識と経験で業界の非常識が作れる

Q1.「非常識」を作るというのは具体的にどういうことなのでしょうか?

「非常識」というのは今までその業界で見られる「強み」(会社の魅力)の打ち出し方とは違う場所にポジションを置いたり、他業種の文化を自分の業界に取り入れることで新しい常識を作ることです。

そうすることで会社が目立った存在になり、その業界でオンリーワンでNO1の地位を築くことができます。

業界を絞ったり、営業するエリアを絞ったりすることでも「非常識」を作ることができます。

「非常識」を徹底していくとオンリーワンでNO1になりますがそのときに良いことが起きてきます。

1.営業するエリアが絞れるので営業できる時間が増える⇒結果的に売上が上がる
2.知名度が上がると評判も上がるので営業がやりやすい
3.2.にプラスして紹介をもらいやすくなる
4.同業者が廃業するとオンリーワーンでNO1の会社に顧客が流れてくる

また、今までその業界で使われていなかった見込み客を集める方法を使うことで反応率が良かったり、
rinen04-youtube20150930.mp4_20151001_215237
見込み客の獲得費用が思っていた以上に安く集めることができたりすることがあります。

うちでは会社のサービスを案内するのにインターネットを使って集客もしますがアナログ的なFAXDMも多用します。

メールでの営業はうんざりしているけれど、意外とFAXは受け取ってくれたりします。

インターネット企業こそ、アナログ的なアプローチをすることで高反応を得たりすることもあります。

自分の業種だけでなく、他業種の人と交流して新しい見地を学ぶことがとても大事です。

ビジネスドクターが選ばれる5つの理由

1.50以上の業種から得た豊富な知識と経験で業界の非常識が作れる
2.複雑な作業を仕組み化するアイデアと技術力
3.わからないことは丁寧にサポート
4.365日稼働24時間以内の対応サービス
5.結果に応える誠実な姿勢

電話無料相談は今すぐこちら